» お金のブログ記事

キャッシング会社の中でも銀行系キャッシングとは、銀行が出資してつくった会社です。もうひとつ銀行キャッシングというのは、ダイレクトに銀行が行うキャッシングです。銀行系の場合と、銀行の場合とがあるのがこの貸主なのですが、この2つの異なる点はなんでしょうか。審査の基準や金利などが、外から見ると類似しているようですが、かなり異なります。素早い審査が特徴の銀行系ですが、金利が高く、利用限度額が少ないということがいえます。銀行は低金利で大口の融資が可能ですが、審査のハードルが高く、審査にかかる時間も長いといわれています。もうひとつの大きな差は、銀行系は総量規制の対象になり、銀行は総量規制の対象にならないという点です。融資が総量規制という法律によって、年収の三分の一までしか受けられないことになっています。キャッシングの上限金額が、銀行系の金融会社が貸し主となった場合は自然に決定することになるのです。貸金業者として登録されている金融会社は規制の対象となっています。貸金業者としての登録をしなくても、銀行はキャッシング融資をすることが可能なのです。自動的に銀行を貸し主にしたキャッシングをすることになるのは、年収の三分の一という制限を超えたキャッシングをしたい場合です。大口の融資でなければ銀行系キャッシングが十分利用できますので、基本的にはこちらをメインに利用するといいでしょう。借金 返せない

親子ローンとは

| お金, 借金対策 |

親子ローンとは、親子で住宅ローンの返済を引き継ぐタイプのローンです。75~80歳までと住宅ローンの返済は金融会社に違いはあるとはいえ、決められているようです。50歳や60歳になってからは長期間の住宅ローンを組むことができません。年齢が50歳を過ぎると、審査の段階でフラット35を利用したくても断られてしまうといいます。親子ローンなら1人でローンを組むよりも融資条件をクリアしやすく、借入金額を増やしたり返済期間に余裕を持たせることも可能です。25年~35年の長期のローンを組むことが60歳以上の人でも、親子ローンにすればできるようになります。二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人にとっては使いやすいローンです。共同で返済をすることが、親子で融資を受ることで可能になりますので、とても金融会社の信用評価が高くなります。現在同居しているか、将来同居を予定している親と実子または養子が親子ローンを利用することができます。購入する住宅は親子や親子の家族が同居する目的である場合に限られ、親子が共有しているか、またはどちらかかが所有していることが必要です。ほかにも親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどが条件です。団体信用生命保険に親子の双方が加入するなど、いろいろと親子ローンは金融会社によって条件が異なるようです。借金地獄 脱出して悩みと苦しみから解放された

お小遣いかせぎ

| お金 |

私は中学生の頃、ある方の手伝いをしてお小遣いを稼いでいました、
その手伝いというのが、小説の挿絵書きの仕事でした。
彼は私が絵が得意なことを知っていて、私に挿絵を描いて欲しいと依頼して来てくれました。
彼は小説や詩を書くのが趣味のおじさんなのですが、絵は全く描けません。
文章だけは寂しいとのことで私の絵が欲しかったようです。
私は自分の絵を使って貰えるだけで嬉しいです。
まさかお金までくれるなんと思いませんでした。
一度の依頼があるごとに1000円、多い時は3000円も!
それとは別に、定期的に80円切手を10枚ずつ買って送ってくれました。
当時私は文通を沢山していたので凄く有難かったです。
この方がいなければ中学時代の私はかなり破産していたのではないかな?と思います。
彼はプロではありませんでしたが本も出版していました。
本の通販サイトで彼の名前を検索するとちゃんとヒットしますよ(笑)。
実際に自分の挿絵が付いた冊子が送られて来た時は本当に嬉しかったです。
http://www.visibleedge.biz/

とうとう4月から消費税が8%に増税されることになりました。

最初は平成元年に消費税が制定されて3%からスタートし、9年後に今の5%に増税されました。

何で100円の商品買って103円を支払わないといけないんだろう。
と3%でも不満はありました。

しかし、いつの間にか消費税のある買い物が普通になり、次のステップだったのか増税が始まりました。

どんなに不満に思っていても、生活必需品は買わなければなりません。
また、生きる為には食べないといけないので、必ず食品も買わなければなりません。
そこに税金を課すというのは厳しいなあと感じます。

もちろん、高齢化社会になっていることも理解しているので、戦後の復興や経済成長の時代を牽引してきてくれた人達を、若い世代で支えていく必要があることも理解しています。

ただ、国の歳出は右肩上がりのような気がするので、本当に無駄な部分を削た上での痛み分けでなければ、多くの人が納得することは難しいと思います。

将来的には、さらに増税という話も出ていますが、出来る限りの努力をした上で増税して欲しいと思います。
キューブ 買取

フリーローンとは

| お金 |

キャッシングの種類に、フリーローンと呼ばれるものがあります。キャッシング融資の中でも、使途が限定されていないローンがフリーローンです。例えば、住宅ローンや自動車ローンは、購入したい自動車なり、家なりを申し込みの時点で申請して、借入金もそれによって決まります。家を買うための住宅ローン、車を買うための自動車ローンなどは、何のためのローンなのかがはっきりしています。申込者の手元に金銭が入るわけではなく、販売店に支払われる形になります。用途が自由で、お金の形で申込者が手にすることができるものが、フリーローンです。使い道に制限がない資金を必要とするのであれば、フリーローンを利用するのがいいでしょう。手続きそのものは、さほど難しいものではありません。スピーディな審査を売りにしている金融会社も多く、場所によっては即日でお金を振りこんでもらえます。この頃は、ネットからフリーローンの申し込み手続きができる会社も多いようです。フリーローンは、金利が高めに設定されているところが多いようです。何にでも使えることがフリーローンの魅力ですが、返済が追いつかないほどの融資を受けると、後々大変な思いをすることになります。返済を滞らせることのないように、フリーローンを使う時には返済プランをしっかりつくってからにすることです。

最近一般的になってきているのが、コンビニでクレジットカードを活用することです。まだクレジットカードが使えないコンビニでも工夫をしているといいます。場合によっては、会員カードとしてコンビニ系カードというクレジット機能付きのものを発行しているようです。一般のクレジットカードの利用もローソンはできますが、コンビニ系カードであるローソンPontaも発行しているそうです。利用額100円につき1ポイントと、精算ごとに1ポイントのポイントが、ローソンで会計時にPontaカードを出すとつくことになります。ローソンPontaカードを最初に提示してポイントを、ローソンで何か購入するときにはもらうようにしましょう。加えてお金をクレジットカードで支払うことで、クレジットカード分のポイントがたまります。ぜひやってみてほしい方法は、ビュー・スイカというクレジット機能がついたカードを活用するものです。コンビニの中でもSuicaが利用できるところであれば、支払いをチャージ済みのSuicaですることで1.5%の還元率を得ることが可能です。他にもローソンのクレジットカードでは、会員価格が別に記載されている商品を割引価格で買うことが可能です。利用はキャッシングカードとしても可能であるなどのお得なポイントがあるようです。日々のコンビニでの買い物だけ限らず、クレジットカードをJALのフライトやショッピングで活用すればすぐにマイルを貯めることも可能です。

最近増えているのがキャッシングの申し込みをする人ですが、いくつか注意点があるといいます。気を付けたいのは、すでに他社で借入をしていてその返済が難しいからとさらに他でキャッシングを申し込もうとすることです。審査に通ることが難しくなってしまうのは、返済のために努力があるようにも見えて、遅滞していることそのものが信用を失ってしまうからです。新たに借入したお金で遅滞分の返済をしているので両方の利子の支払いが、運よく審査を通過してキャッシングできたとしてものしかかってきます。新たにキャッシングの申込みをする場合には、さらに返済が厳しい状況になってしまう場合があるので、しっかりと考えてから決断しましょう。審査に通りたいからといって、キャッシング申込みの際の書類には、嘘を書かないようにすることも重要です。わざとではなくても、ミスして記載してしまった場合でも、審査に通るのが難しいことがあるそうです。ちょっと電話番号をミスしても、信頼を失ってしまうことがあるので気を付けましょう。申し込みを銀行系のキャッシングにする場合には、とくに審査基準が厳しいので注意したほうが良いでしょう。場合によっては、借り入れを1社でも別のローン会社からしていると審査に通らないでしょう。他の会社から借り入れをしていても、返済がされていれば消費者金融であれば審査に落ちることはないでしょう。今の自分にとってどこが良い金融期間なのかをよく考えてから、キャッシングの申込みをしましょう。