» 借金対策のブログ記事

親子ローンとは

| お金, 借金対策 |

親子ローンとは、親子で住宅ローンの返済を引き継ぐタイプのローンです。75~80歳までと住宅ローンの返済は金融会社に違いはあるとはいえ、決められているようです。50歳や60歳になってからは長期間の住宅ローンを組むことができません。年齢が50歳を過ぎると、審査の段階でフラット35を利用したくても断られてしまうといいます。親子ローンなら1人でローンを組むよりも融資条件をクリアしやすく、借入金額を増やしたり返済期間に余裕を持たせることも可能です。25年~35年の長期のローンを組むことが60歳以上の人でも、親子ローンにすればできるようになります。二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人にとっては使いやすいローンです。共同で返済をすることが、親子で融資を受ることで可能になりますので、とても金融会社の信用評価が高くなります。現在同居しているか、将来同居を予定している親と実子または養子が親子ローンを利用することができます。購入する住宅は親子や親子の家族が同居する目的である場合に限られ、親子が共有しているか、またはどちらかかが所有していることが必要です。ほかにも親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどが条件です。団体信用生命保険に親子の双方が加入するなど、いろいろと親子ローンは金融会社によって条件が異なるようです。借金地獄 脱出して悩みと苦しみから解放された