» 2018 » 1月のブログ記事

考えるよりもやってみる

| お金 |

現段階で存在している利息とこれから発生する利息をカットする事で元金だけを残して返済を行なう方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)が、債務を整理の中で任意整理と言われる方法になるんです。

債権者と談判して、話がまとまったならば、利息がない分、支払総額をへらすことが可能で、月ごとの返済額も減らせます。
元金の額も減らない限り返済が困難な人は、個人再生という他の債務整理の方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)による手続きを選択するといいでしょう。借金地獄に陥り、そろそろ借金の整理をしようかと考え出した方が手はじめの弁護士あるいは司法書士に頼むにしてもどこの担当者がいいかでしょう。
通常、弁護士事務所では初回の相談を無料で受けてくれます。

頼れる担当者かどうか、この無料相談を通じて確認できます。

他にも、公的機関として法律に関する問題をサポートしている法テラスでも同様に相談は無料です。自己破産は債務整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、資産目録として一切の銀行預金、郵便貯金等は申告する必要があります。

アトは、総額や時価が20万円を超える資産は債務の返済に充当するのですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて考えないでください。
過去の預金解約分まで記載を求められた例もありますし、アトで判明すれば自己破産は成立しても免責にならない可能性もあります。収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算し、今の債務額と相殺を行なうことを目さす債務を整理のことを特定調停と言います。ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、本来は返金請求できるはずですが、特定調停ではそれを返金して貰えるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。くらべてみて、もし過払い金がまとまってあると解っているのだったら相殺目的の特定調停などはせず、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。
借金返せない、もう限界なのでどうしたら良いのか相談