弁護士もしくは司法書士に債務整理を引きうけてもらう時、用意するものがあります。それは、まず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから借入の現況が確認できるものをなるべく多くです。その上、資産があることの証明書も必要になることがあります。例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードの行方がわからなくても、調べられないことはないのでそれによって無理だと判断するのは早計です。債務整理は借金を整理するための手段で、これをおこなうと払いきれない利息を整理できますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといった欠点も当然あります。

ここで心配になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

選べる物件の数が減るとはいえ、住まいに関しては、心配ないようです。

お金を借りるをしている親戚やオトモダチがいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来立としてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ですが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、返済の一部や全部を放棄してしまうと、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを初めます。 この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者と話し合いの上で分割で支払いをする事は可能です。

もし、借りたお金があり債務整理を行っている最中に離婚が成立する場合、生活費の穴埋めとしての借りたお金などそれが婚姻生活のために生じたものならば財産として分与されることになります。財産にふくまれるのはプラスの資産のみでは無く、マイナスであっても同じく共同財産なのです。 なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、そのわけがギャンブルなど個人的なものなら婚姻中に生じた借金だとしても財産分与の対象からは除かれます。

債務整理をしたいけれど婚約者がいるという場合ですが、あくまで債務整理は債務者の借りたお金と財産を清算するものですから、仮に結婚の予定があっても制限はありません。例えば、借りたお金の整理をしたせいで、配偶者もブラックになるということは100%ありませんから、心配しないでちょーだい。ただ、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。 きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進むべきです。