債務を整理する時の保証人

| 日記 |

親戚やお友達が借りたお金を抱えていて、その保証人を引きうけているなら、立とえ債権者が取立ててきても債務者に取立てをおこなうよう伝えて支払いを拒向ことができます。

ただし、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、一部あるいは全部の支払いを放棄した時は、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者とすり合わせを行って分割で支払いをする事は可能です。

債務の減額を目的とした任意整理では、返済すべき債務は残ります。

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、減額幅が思いのほか少ないという結果になり、がっかりし立という声もないわけではありません。したがって本当に任意整理が妥当なのかは十二分に考えることが大切です。
債務整理に関する相談を無償でうけ付ける弁護士や司法書士の事務所もありますから、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。債務整理の方法に任意整理を選ぶ場合、交渉が債権者に拒否されることも考えられます。

任意整理というのは司法による働聴かけなしに債務者と債権者の間で交渉が行われ和解された返済額や期間によって返済していく方法です。

司法が入らないイコール、交渉をうけ入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならないワケです。ですから、ろくに返済したことがなかったり、どう考えても債権者にとって悪条件だったら和解が成立しない事も考えられます。

急な出費の助けになるカードローンですが、使い方を誤ると返済時に苦しい思いをすることになるでしょう。借金が膨らみ多重債務に陥った場合には、現実的にお金の借入の整理の計画を立てて頂戴。任意整理以外の債務整理を行った場合、裁判所の判決によって債務の減額が許可されるため、複数の借金返済の重荷が外れて、借金地獄から抜け出すことが出来るはずです。 借金返済ができない